スポンサーリンク

「学術論文」とは?文献や学術雑誌との違いについてまとめました

スポンサーリンク
医学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日数多くの学術論文が出版されています。

科学の進歩は、これらの学術論文の積み上げによってなされています。

そういった中で、

  • 科学情報に興味のある一般の方
  • 科学関係を学んでいる学生の方
  • 科学技術の関係者の方

など、日々忙しい中で、

  • 学術論文を探す
  • 学術論文を読む
  • 学術論文を理解する

といったことが必要な方も多いんじゃないでしょうか。

 

そういった方は、まず

  • そもそも学術論文ってなに?
  • 学術論文にはどんな種類があるの?
  • 文献や学術雑誌とはどう違うの?

といったことを知っておくことが役立ちます。

 

そこで本記事では、

学術論文をより効率的に探し、読み、理解したいあなたのために、

  • 学術論文とは
  • 学術論文の種類
  • 文献や学術雑誌などの違い

など、研究の世界の約束事・基本ルールについての基礎知識をまとめたいと思います。

 

「学術論文」とは?文献や学術雑誌との違いについてまとめました

学術論文とは

「学術論文」とは、学術的な内容を書いた「論文」になります。

「学術」とは学問のことです。

「論文」とは、

これまで知られていないことを新たに明らかにした

など、一定の成果を上げた場合に、

その研究内容を公表するための文書となります。

 

つまり、

学術論文とは、学問についての研究内容をまとめた文書

と言えます。

 

実は、「学問についての研究内容をまとめた文書」は、

学術論文だけではありません。

その内容や目的に応じて、いくつかの種類があります。

例えば、

  • 学会抄録(会議録)
  • 学会発表
  • 学術論文
  • 学会誌・学術雑誌
  • 文献

などの言い方があります。

これらを知っておくと、

知りたい情報に素早くアクセスできるようになります。

 

 

 

これらを以下で説明していきますね。

「学術論文」と「学会抄録」

研究をして、成果が出た場合には、

成果を公表して、同じ分野の専門家と共有し、

その分野の発展に貢献していきます。

 

公表するには、主に2つの方法があります。

  • 学術論文」として公表する
  • 学会」で発表する

(この他に、特許として出す場合もあります)

 

「学術論文」とは:論文として投稿

研究で成果を公表するには、内容を文書としてまとめ、

学会誌に投稿」する方法があります。

 

学会誌」とは、「学会」が発行する機関紙になります。

学会」とは、同じテーマについて研究している研究者や技術者など専門家の集まり、になります。

 

研究内容の文書を、学会誌に投稿すると

  • 研究内容が学会のテーマに適しているか
  • 学会員へ伝えるだけの価値があるかどうか

などの審査がされる場合が多いです(審査がない場合もあります)。

 

この審査のことを「ピア・レビュー」と言います。

ピア(peer)」は、同僚・仲間の意味で、同じ研究分野の方、といった意味になります。

レビュー(review)」は、(ここでの意味は)研究内容の妥当性のチェックのような感じになります。

なので、

ピア・レビューとは、同じ研究分野の専門家による妥当性のチェック

になります。

 

ピアレビューを通過(合格)すると、

学会誌の中で、自分の研究内容が公表されます。

これが研究成果の報告として公的にみなされる文書になります。

これが「学術論文」(学会誌の中での研究成果の発表文書)

ということになります。

 

 

研究成果の公表方法には、

もう1つ、学会発表があります。

「学会抄録」や「学会発表」

学会で発表するには、

研究内容がマッチする学会を選定して、

その学会の年会などに申し込みをします。

(どの学会も年に1回など定期的に年会を開いて発表会をします。)

 

学会に申し込む際には、

研究の要点をまとめた要旨をまとめて文書として提出します。

研究の要旨まとめた文書を「学会抄録」と呼びます。

これは短い文書(〜約500文字)ですが、

研究成果の報告として公的にみなされる文書になります。

申し込みをして、通過したら、学会当日に発表を行います。

 

 

 

学術雑誌とは

ここまで出てきた

  • 学術論文
  • 学会抄録

に加えて、

  • 系統的レビュー・総説

などを含めたものが1冊にまとまっています。

これを「学術雑誌」と言います。

学術雑誌は、

専門家が定期的に新しい成果を知るための雑誌

なわけです。

 

3つ目の系統的レビュー・総説については、少し説明したいと思います。

系統的レビュー・総説とは

自分の研究だけでも忙しいので、

日々大量に報告される研究成果について

1つずつ把握するのは大変ですよね。

そこで、何かのテーマについて、

過去から現在までの研究の歴史や動向をまとめた要約があれば便利ですよね。

1つの論文の要約でなく、

多くの論文の内容を要約してまとめた論文が存在します。

つまり、

「系統的なレビュー論文」や「総説」とは、

複数の論文のまとめ論文のことです。

1つのテーマについて、関連する複数の論文をまとめ、

これまでの研究状況を把握しやすくしてくれます

 

 

というわけで、

学術雑誌とは、専門家向けに

  • 学術論文
  • 学会抄録
  • レビュー論文・総説

を1つの雑誌でまとめているもの

と言えます。

 

 

 

 

 

 

学術内容を効率的に理解する方法とは

以上から、ある専門分野について、

最新の情報を知りたかったら、

  • その分野の学術雑誌を調べればいい

ということがわかります。

 

また、1つ1つの学術論文を読むよりも、

その分野の専門家がまとめてくれた

  • レビュー論文を読む

ことで、そのテーマをより効率的に理解することができます。

 

 

 

 

最後に、よく使われる「文献」について説明しますね。

「文献(ぶんけん)」とは?

実は、「文献とは」については、

何を文献に含め・何を含めないのか

について、厳密な定義はないかと思います。

分野によって異なり、文系・理系でも大きく異なるように思います。

ここでは一般的な目安としての「文献とは?」についてまとめたいと思います。

 

一般的に、文献として呼べるのは、

  • 研究の参考にできる内容を含んだ文書

と言えます。

冊子や電子版を含めて、どちらも文献と呼べます。

 

具体的に文献として考えれるものとしては、

  • 学術雑誌(学術論文、学会抄録、レビュー論文)
  • 学会発表内容

などが考えられます。

 

この他にも、研究の参考にできる信頼性があるものであれば、

  • 書籍
  • 報告書
  • インターネット情報

などのものも、文献として使える場合があります。

 

 

 

というわけで、本記事では、

学術論文をより効率的に探し、読み、理解したいあなたのために、

  • 学術論文とは
  • 学術論文の種類
  • 文献や学術雑誌などの違い

など、研究の世界の約束事・基本ルールについての基礎知識をまとめました。

 

 

 

こちらもございます↓

 

 

 

こちらの記事もございます↓

「英語論文」の「読み方」とは?医学論文など学術論文をサクッと読みたいあなたはこちらをどうぞ

 

「英語論文」の「使える表現」を学んで、学術論文をサクッと読み書きしたいあなたはこちらをどうぞ

 

「医療統計」を基礎から入門したいあなたにおすすめの良書、8冊はこちらです

タイトルとURLをコピーしました