「医学論文」の読み方で役立つ「PECO」とは?PECOの使い方や注意点もまとめました

医学論文 読み方 PECO 英語論文 学術論文 2 おすすめ

毎日数多くの医学論文が報告されています。

私たちの医療は、これらの論文の成果によって進歩しています。

  • 医学情報に興味のある方
  • 医学を学んでいる方
  • 医療関係者の方

など、日々忙しい中で、

  • 医学論文を紹介するため読まないと
  • 診断の参考にするために読まないと
  • 病気について調べていたら、医学論文に行きついた

となることも多いのではないでしょうか。

 

こういったときに、

医学論文をサクッと読みこなせ、内容がつかめたら、うれしいですよね。

 

医学論文を読むコツの1つに、

「PECO」(または「PICO」)

があります。

 

論文を読んでいて

  • 論文って、どう読んだらいいの?
  • どこから読んだらいいの?最初から読むと大変
  • 何に注目して読んだらいいの?

といった方も多いかと思います。

 

「PECO」を知ることで、

医学論文を読むときの、

最初の第一歩がとてもスムーズになります

 

そこで本記事では、

医学論文の読み方として知っておくべき「PECO」について、

  • PECOとは?何を意味してるの?
  • PECOはどんな時役立つの?
  • PECOの注意点は?

といったことについてまとめたいと思います。

 

これから医学論文を読んでいきたいあなたは、

まず最初にPECOを知っておくとその後の読みが加速するはずです。

 

「医学論文」の読み方で役立つ「PECO」とは?PECOの使い方や注意点もまとめました

「PECO」とは?(または「PICO」とは)

「PECO (PICO)」は、ひとことで言うと、

  • 医学論文を要約する手法・考え方

です

 

PECO (PICO)のローマ字の頭文字は、それぞれ以下のことを表しています。

P (Patient: 患者):

どんな対象についての論文か” ということです。

  • 誰のために
  • 何のために

書かれたのかを把握するのがポイントです。

 

E (Exposure: 暴露)または I (Intervention:介入)

暴露は、”どんな治療をしたのか“ということです。

介入」というのは、

患者に対しての影響のあることを行う

ということです。

具体的には「治療」などが介入にあたります。

 

C (Comparison: 対照群):

対照群は、”介入を行わなかったグループ“はどうだったか、ということです。

多くの医学論文では、ある暴露や介入が有効かどうかを調べます。

そのためには、

  • 介入をしたグループ
  • 介入をしないグループ

を比較して、統計的に有効かどうかを判断します。

その時に、「介入をしなかったグループ」のことを、

比較対象のグループということで、

対照群(たいしょうぐん)」と呼びます。

 

O (Outcome: 結果):

得られた結果”はなんだったのか、です

論文では、何かの結果を示すために書かれます。

  • 読者に論文の結果を把握してもらう

部分になります。

 

PECOとは?のまとめ

  • P:患者(どんな方に?)
  • E:暴露(どんな治療を?)
  • I  : 介入(どんな治療を?)
  • C:対照群(暴露していない人はどう?)
  • O:結果(結果はどうだった?)

 

以上から、

PECO ( PICO ) というのは、

  • 英語論文を読むときに、この4点を最初にチェックする

という考え方になります。

そして、この4点をまとめることで、

その論文を要約しやすくなるメリットがあります

 

 

 

 

といっても、論文を読むときには、

  • どうやってPECOの部分を探せばいいの?

となりますよね。

 

そこで次に、PECOの抽出法について

サクッとまとめたいと思います。

「PECO」の使い方とは

 

この先は会員限定になります。

会員の方はログインをお願いいたします。

登録がまだの方は、会員登録をお願いします。

>>> 会員登録はこちら

 

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について