Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

数学

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「統計」や「データ分析」、

 

「機械学習」に「人工知能」、

 

「ディープラーニング」に「深層学習」

 

これらを深く理解するには、「数学」の理解が必須です。

 

また、社会人になると、短い時間で、サクッと身につけることも重要となります。

 

そこで、本記事では、数学を学ぶだけでなく、勉強法についてのおすすめ本もご紹介します

 

 

数学のおすすめの教科書、参考書、問題集、などの良書はこちらです

 

中学数学をやり直したいあなたにおすすめの教科書、参考書、問題集はこちらです

「中学数学」をサクッと身につけたい・復習したい・やり直したいあなたにおすすめの本、27冊はこちらです

 

 

 

 

高校数学を独学で学びたい、やり直したい社会人のあなたのために、おすすめの本はまとめました

高校数学を独学で学びたい、やり直したい社会人のあなたにおすすめの本はこちらです

 

 

 

「高校数学」をサクッと身につけたい・復習したい・やり直したいあなたにおすすめの本はこちらです

「高校数学」をサクッと身につけたい・復習したい・やり直したいあなたにおすすめの本はこちらです

 

 

 

 

 

 

ベクトルが苦手なあなたのために、ベクトルが難しく感じる4つの原因をまとめました

ベクトルが苦手なあなた、その原因を知ることから、はじめてはいかがでしょうか?

「ベクトル」を理解したい!ベクトルがわかりにくい4つの原因とその対策とは?

 

 

 

ベクトルを学びたいあなたにおすすめの教科書、参考書、問題集などはこちらです

「ベクトル」を学びたい・復習したい方にチェックしてほしい良書、10冊はこちらです

 

 

 

 

高校数学のベクトルの、分かりやすい解説で、学び直したいあなたはこちらをどうぞ

高校数学の「ベクトル」を、サクッと学び直したいあなた、こちらはいかがでしょうか【なるほど高校数学 ベクトルの物語】

 

 

 

 

 

 

 

 

微分積分の基礎から、分かりやすく学びたい教科書、参考書ならこちらです

微分積分を、微分とは?積分とは?から、基礎から学んでいきたいあなたはこちらです

「微分積分」を、基礎からわかるようになりたいあなたにチェックしてほしい良書、8冊はこちらです

 

 

 

微分・積分のおすすめの問題集はこちら(大学院入試の対策としても使えます)

大学院レベルの専門知識を学ぶなら、学部レベルの微分積分をサクッと身につけておくのが役立ちます

「微分積分」を大学院入試問題を解きながら、解答解説とあわせて1ヶ月で学べるこちらはいかがでしょうか

 

 

 

線形代数のわかりやすいおすすめ本はこちらです

線形代数を学びたいあなたにおすすめの分かりやすい教科書や参考書、問題集などはこちらです

「線形代数」を独学したい人はチェックしてほしい良書、13冊はこちらです

 

 

 

 

 

 

 

統計学を学びたいあなたはこちらの記事をどうぞ

統計学の初歩の初歩から、わかりやすい本をまとめました

「統計学」に入門したい人はチェックしてほしい良書、10冊はこちらです

 

 

 

ベイズ統計についての記事はこちらです

ベイズ統計を学びたい初学者の方にはこちらの記事がおすすめです

ベイズ統計を学びたい人はチェックしてほしい良書、8冊はこちらです

 

ベイズ統計の実践力をつけたい、基礎を学んだ方はこちらをどうぞ

ベイズ統計の実践力をつけたい方はチェックしてほしい良書、9冊はこちらです

 

 

 

 

フラクタルを学んでみたい初学者向けの本はこちらです

非常にわかりやすく、フラクタルの全体像をサクッと学べる内容となっています。フラクタルの概観をつかむ最初の1冊にもおすすめの本です

「フラクタル」とは?フラクタルの全体像をサクッと学びたいあなた、こちらはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

数学の勉強法についての記事はこちらです

 

 

社会人になってから大学理学部数学科レベルの数学を独学で身につけたいあなたはこちらです

数学を勉強したいと考えている社会人の方はもちろん、数学科で勉強経験のある方も、産業へ活かす数学というのはどういったものか?といった、広い視野を得られる1冊となっています。

数学との向き合い方や、異分野のコミュニティでの振る舞い方、異分野の内容を吸収する際に気をつける点など、あらゆる分野で数学を吸収して活かしていきたい方の参考になる良書となっています。

「数学」を働きながら、シッカリ・効率良く・つまづかずに学びたいあなた、こちらはいかがでしょうか【ものづくりの数学のすすめ】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらフォローお願いします☆
スポンサーリンク
スポンサーリンク
忙しいあなたの代わりに、史上最強の良い本・良い暮らしのご提案