スポンサーリンク

「高校数学」をサクッと身につけたい・復習したい・やり直したいあなたにおすすめの本はこちらです

スポンサーリンク
高校数学 やり直し おすすめ
高校数学 やり直し
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高校数学は、大学入試で重要なのは当たり前ですが、

高校数学は、大学に入ったら、大学数学の基礎となります。

また、社会人であれば、実務の基礎となっています。

 

高校数学の基本をシッカリつかんでおくことで、

大学入試だけでなく、仕事で数学を使う場合などでも

効率的に進めていくことが可能です。

 

  • 大学入試で志望校に合格するために、高校数学をマスターしたい!
  • 大学数学を学んでるんだけど、高校数学からやり直したい!
  • 仕事で数学を使うことになったんだけど、高校数学から復習したい

 

といった方も多いかと思います。

 

とはいっても、

  • どんな参考書がいいの?問題集は必要?
  • 自分にはどの本がいいのかわからない
  • 買ってみたけどイマイチで、もっといい本はないの?

といった悩みをもつ方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、高校数学を学びたいあなたのために、自分の理解度にあった、おすすめの本をご紹介します。

 

本記事の概要

「高校数学」をサクッと身につけたい・復習したい・やり直したいあなたにおすすめの本はこちらです

高校数学は、様々な内容のものがあり、自分に合う本を選ぶのが、中学数学よりも難しくなっています。

そこでまずは、教科書の内容を、基礎から理解したい方向けの本をご紹介します。

その後、大学受験に対する基礎を固めるための参考書をご紹介します。

単に「基礎」といっても、教科書の基礎と、大学入試の基礎は、内容が違っていますので、注意されてください。

その後、大学入試の対策をするための書籍をご紹介していきます。

あなたの目的に合う1冊が見つかればいいなと思います。

 

教科書の内容を基礎からシッカリ理解したい、やり直したいあなたはこちらです

 

高校数学までを、最短コースで学び直すならこちら

小中学校の算数・数学が9時間でわかる本

高校1年の数学数I・数Aが10時間でわかる本 (アスカビジネス)

オトナのための算数・数学やりなおしドリル

 

 

 

教科書の基礎の基礎から、わかりやすく、学び直したいあなたに最適の1冊です

本シリーズは、教科書を理解しやすくしてくれる参考書です。

  • 高校数学がわからない
  • 授業についていけない
  • 基礎を忘れた

という方が、独学でサクッと学び直すのにも最適です。

また、基礎はだいたいわかるよ!って方も、

苦手な分野があれば、その部分をやることで、短時間で基礎を固めることができます。

加えて、関連する中学数学の内容も補足しながら解説が進みますので、

中学数学に不安のある方も、スムーズに理解することが可能です。

教科書よりも内容をしぼって、わかりやすく解説しており、

じっくり理解することで、わからないがわかるに変わる参考書です。

時間がない、独学の社会人の方のやり直しにもおすすめの本となっています。

高校とってもやさしい数学1・A 改訂版 その1 (高校とってもやさしい)

とってもやさしい数学1・A 改訂版 その2 (高校とってもやさしい)

高校とってもやさしい数学II その1 高校とってもやさしいシリーズ

高校とってもやさしい数学II その2 高校とってもやさしいシリーズ

高校とってもやさしい 数学B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教科書と一緒に使える、わかりやすい演習型の参考書

本書は、高校数学の問題の解き方を、パターンごとにまとめた参考書です。

左にパターンの解説があり、右側に練習問題があり解いてみる、という感じで、左の解説パターンの解き方を理解できているかを確認しながら学ぶことができます。

 

もしわからなくても、どこをヒントにすればいいかが書かれており、独学でも迷子にならずに学ぶことができるのが嬉しいところです。なので、わからない問題でも、つまずきにくいように工夫されています。

 

加えて、解説ページの下などで高校数学を学ぶための前提となる中学数学の知識も補足説明されており、中学数学の復習もしながら、高校数学を学んでいける構成になっています。

 

注意点としては、問題数は少なく絞っているので、解きながら勉強を進めていきたい方には物足りないかもしれません。そういった方は、本シリーズの問題集と合わせてお使いになるとオッケーです。

高校数学1をひとつひとつわかりやすく。―新課程版

高校数学Aをひとつひとつわかりやすく。―新課程版

高校 数学IIをひとつひとつわかりやすく。

高校 数学Bをひとつひとつわかりやすく。

 

問題集もございます↓

高校数学Iの解き方をひとつひとつわかりやすく。

高校数学Aの解き方をひとつひとつわかりやすく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例題をマネして、手を動かしながら、学びたいあなたにはこちらがおすすめです

本シリーズは、教科書の例題レベルの内容が解説され、ほぼ同じ問題がすぐ隣に用意され、書き込みながら学べるワークブックです。

例題の内容を理解したら、その下に類題がありますので、それらを解くことで理解度を確認しながら勉強することが可能です。

小学校の頃にドリルをやったことがある方もいらっしゃるかと思うんですが、

本書は高校生向けのドリルのような感覚で使えるシリーズで、

1日1ページを継続してやっていくなどの、やる気が継続しやすい作りになっています。

数学が苦手な方がつまづかずに続けることができる問題集となります。

 

 

 

教科書と一緒に使え、受験の基礎としても役立つ、わかりやすい参考書です

本書は、授業の予習復習から、定期テスト対策、受験対策もできる、コスパの良い参考書です。

1つの解法パターンを見開き1ページにまとめてあり、

  • サクッと解説
  • 基本問題で確認
  • 応用問題で定期テスト・受験対策

として、ステップバイステップで進めていけます。

 

授業で習いたてなら、解説と基本問題をしっかりやって、定期テスト前や受験対策の時には、応用問題までやる、といった、目的別の使い方もできます。ちなみに、章末に定期テスト予想問題もあり、テスト前の仕上げも万全にできるように作れらているのもうれしいところです。

 

解答は、解法の考え方が説明された後で、実際の解答例が書かれており、なぜこのような解答になるのかを、理解しながら進めることが可能です。

 

教科書基礎から入試基礎まで、幅広く使えるコスパの良い1冊です。高校数学を一通り学んだことのある、独学の社会人の方などにもおすすめの参考書となっています。

高校これでわかる数学I+A (高校これでわかる新課程版)

高校これでわかる数学II+B (高校これでわかる新課程版)

これでわかる 数学III 新課程版 (シグマベスト)

 

 

 

 

 

 

 

 

高校数学の内容を、一気通貫に、流れるように理解できる参考書です

本シリーズは、「マセマ」で知られる有名数学参考書の基礎編です。本書で受験の基礎を固めることが可能です。

マセマの参考書の特徴は、難易度の高い内容も、軽快な語り口で、中学数学の内容からスムーズに、わかりやすく理解させてくれます

近所の数学が得意な人と仲良くなって、気軽に教えてもらっている、といったような雰囲気で、肩肘張らずに読み進めることができます

 

もう1つの特徴は、解説の順序が非常に優れている点です。1問1問の解説がシッカリしているだけでなく、問題同士のつながりや関連性がわかりやすく書かれており、単元の流れが読んでいて自然と頭に入ってきます。

その単元の数学の物語がわかることで、1問1問の理解がより深まる、といった好循環を作ることができます。

 

網羅系の参考書での解法を覚えて覚えて・・・という勉強には飽きてしまって・・・という方にもおすすめの参考書です。

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学1

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学A

スバラシク解けると評判の初めから始める数学2

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学B

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学3 Part1

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学3 Part2

 

 

 

 

 

 

 

読んで本質を理解できる、高校数学の参考書兼問題集

本書は、基礎的な知識の整理から、それらを使いこなすための背景知識や、本質的な原理を、読みながらシッカリ学ぶことができる参考書です。

  • 数学は計算ではないこと
  • 基礎と初歩は違うこと
  • 早ければいいわけではないこと

といった考え方に基づいて、楽しく読みながら、数学が好きになり、数学が得意になる本、として執筆されています。

 

各ページに1つのテーマで解説があり、計算するというより、読んで理解する例を見て納得する、といった構成になっています。

また、そのテーマで間違えやすいことや、誤解しやすい点なども合わせて書かれているので、独学でも正しく理解することができます。

 

高校数学の本質を理解することで、大学数学への橋渡しにもなる1冊です。

総合的研究 数学I+A (高校総合的研究)

総合的研究 数学II+B (高校総合的研究)

総合的研究 数学III (高校総合的研究)

 

 

同著者の解説を「音声で学べる」シリーズもございます↓

【音声DVD-ROM付】長岡の教科書 数学I+A 全解説

【音声DVD-ROM付】長岡の教科書 数学II+B 全解説

【音声DVD-ROM付】長岡の教科書 数学III 全解説 (長岡の教科書 全解説)

 

 

長岡先生の音声シリーズで、さらにサクッと学びたいあなたには、

短時間で学べる「集中講義形式」のシリーズもございます↓

YouTubeで学べる 長岡先生の集中講義+問題集 数学I+A+II+B 上巻

YouTubeで学べる 長岡先生の集中講義+問題集 数学I+A+II+B 下巻

YouTubeで学べる長岡先生の集中講義+問題集 数学III

 

 

同著者の1冊で高校数学をカバーできる本はこちらです。

音声ありモチベーション維持にも役立ちます↓

長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書(音声DL付)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本質を理解して、高校数学の理解を深めることができる参考書

高校数学+α:基礎と論理の物語

本書は、高校数学の内容を、本質から学べる1冊です。

高校の数学の教科書とも違い受験用参考書とも違っていて、根本の本質から、わかりやすく解説している点が特徴です。

文字の扱いなど、問題を解きながらなんとなく身につけてきたことを、きちんと解説してあったりするので、

  • あ〜!そういうことだったんだ

といった「納得感」を得ることもできます。

ただし、大学受験対策といった感じではないように思いますので、

大学生や社会人の方などが、高校数学の理解を深めたい場合などに良いかと思います。

高校数学の本質的な理解を促進してくれるおすすめの本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでで、高校数学の

  • 教科書の基礎
  • 入試対策の基礎

についてのおすすめの本となっています。

 

 

 

ここからは、「受験対策」においてのおすすめの参考書や問題集をご紹介します。

 

「受験対策」においてのおすすめの参考書や問題集

まずは、大学受験の入試問題について、わかりやすく解説され、シッカリ理解できるのが「マセマ」の元気が出るシリーズです。

マセマ 元気が出るシリーズ(易しい国公立大学・私立大合格レベル)

マセマシリーズの中で、国公立大学合格を目標とする方向けのシリーズです。

大学受験の基礎を扱った、「初めから始めるシリーズ」よりも、

基礎的な内容が少なくなり、受験で必要な内容の説明が多くなっています。

こちらのシリーズを3周程度して、多くの問題を解けるようになることで、

センター試験レベルや、易しい国公立大学の合格レベルの力がつくように作られています。

難関大学を目指す方も、高1や高2の早いうちに一読しておくと、各単元の流れがつかみやすくなり、より難しい問題への対応力がついてくるかと思います。

スバラシク強くなると評判の元気が出る数学1・A

スバラシク強くなると評判の元気が出る数学2

スバラシク強くなると評判の元気が出る数学B

スバラシク強くなると評判の元気が出る数学3

 

 

 

マセマには、「センター試験対策」シリーズもございます

スバラシク得点できると評判の快速!解答トライアル模試センター試験数学1・A

スバラシク得点できると評判の快速!解答トライアル模試センター試験数学2・B

トライアル模試センター試験数学1・A快速!解答 2019年度版―スバラシク得点できる数学1・A

トライアル模試センター試験数学2・B快速!解答 2019年度版―スバラシク得点できる数学2・B

 

 

 

 

 

 

 

解法を覚えて、使いこなすための「解法・網羅系」の参考書

受験数学で高得点を取るためには、その場で考えるというよりも、知っている知識を組み合わせて解く、という感覚も大事です。

理解せずに丸暗記するのは応用できないので良くないですが、理解した後で解法の流れを覚えるのは有効です。

 

上のマセマシリーズは、単元の中で学ぶ内容について、理解しやすい順番と、軽快な語り口で説明があり、流れを感じるつくりになっています。

 

それに対して、こちらの網羅系の参考書は、解法パターンをひとつ1つまとめてあり、数学の受験対策問題の1問1答のような構成になっています。

 

出やすい解法を、できるだけ効率的に、わかりやすく吸収するために作られており、「解法網羅系」の参考書と呼ばれたりしています。

 

以下では、大学入試受験生に必須の、解法網羅系参考書をご紹介します。

網羅系の参考書の代表は、「チャート式」

チャート式は、受験生のバイブル的存在ではないでしょうか。

チャート式の特徴は、色によってレベルが違い、白→黄→青→赤の順に難しくなります。

 

数学が苦手な方が、教科書の内容をしっかり理解したいあなたにオススメなのは、

白チャート」です。

白チャートは他のチャートよりも解説が詳しく、1問ずつ理解することができます。

チャート式基礎と演習数学Ⅰ+A

チャート式基礎と演習数学2+B

チャート式基礎と演習数学3

 

白チャートよりも大学受験向けで、入試対策の基礎を固めるのにおすすめなのが、

黄色チャート」です。

黄色チャートは、授業と併用して定期テスト対策をすることもできますし、

学外模試の対策、そして大学受験の対策の基礎を作ることができます。

赤本などの志望校の過去問を解く前に、シッカリやっておくと良いシリーズです。

チャート式解法と演習数学I+A

チャート式解法と演習数学2+B

チャート式解法と演習数学3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャートは厚みがあり、問題数も豊富に用意されています。

 

もう少しサクッとやりたい!

 

といった方は、以下の書籍もおすすめです。

網羅系の中でも、問題を精選して、チャート式を凝縮したような参考書

網羅系の中でも、内容をより精選して、いいところを集めた網羅系の凝縮バージョンの参考書がございます。

すべての範囲をカバーしながら、これは外せないといった頻出問題や、典型問題などを、シッカリ学ぶことができます

入試問題の解説はわかりにくい書籍も多いですが、本書の解説はわかりやすく、

入試問題に取りかかり始める方が、つまづかずに進めることができる本となっています。

入試本番まで時間のない受験生や、普段仕事などで忙しい社会人の方が、

高校数学をサクッとやり直したい場合にもおすすめの参考書兼問題集です。

数学I・A 基礎問題精講 四訂増補版

数学II・B 基礎問題精講 四訂版

新課程 数学III基礎問題精講 四訂版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは、受験対策を基礎からできる書籍をご紹介しました。

 

ここからは、難関大学といわれる大学の受験対策向けの本をご紹介します。

 

難関大学受験向けの参考書

基本的な考え方は、上と同じで、網羅系の参考書を基本とします。

難関大に向けての受験の基礎を固めるための参考書となります。

チャート式の「青チャート」がおすすめです

チャート式基礎からの数学I+A

チャート式基礎からの数学2+B

チャート式基礎からの数学3

 

 

 

 

フォーカス・ゴールドもおすすめです

同じ効果を期待できるものとして、「フォーカス・ゴールド」もございます。

青チャートと同じくらいのレベルで、

青チャートとの違いは、青チャートよりも色味が少なくレイアウトがすっきりしている印象です。

網羅系の参考書は、問題数が多いので、毎日目にする参考書の1つです。

毎日目にするので、見た目にも好みのものを使うのは大事な視点かと思います。

色が少ない方が見やすい方や、レイアウトがすっきりしてる方が好きな方におすすめです。

個人的な感覚かもしれませんが、青チャートよりも解説が詳しいような気がします。

Focus Gold 4th Edition 数学I+A

Focus Gold数学2+B

Focus Gold数学3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「網羅系」の参考書の内容を精選した、難関大学向けの参考書

上の網羅系参考書は、量がとても多いです。他の科目の勉強も必要な受験生や、仕事に社会人の方には不向きかと思います。

そこで、網羅系の中でも、内容をより精選して、いいところを集めた網羅系の凝縮バージョンの参考書がございます。

シッカリ・効率的にやり直したいあなたにも最適です↓

数学I・A標準問題精講 改訂増補版

数学II・B標準問題精講 改訂版

新課程 数学III標準問題精講 改訂版

 

標準問題精講シリーズには、分野別の書籍もございます。

得意分野をさらに伸ばしたい、苦手分野を集中的に強化したい、あなたにオススメです。

数学 整数 分野別標準問題精講

数学 場合の数・確率 分野別標準問題精講

数学 軌跡・領域 分野別標準問題精講

数学 二次曲線・複素数平面 分野別標準問題精講

 

 

 

 

 

 

 

難関大レベルの数学を、流れるような解説で、わかりやすく理解したいなら、マセマシリーズも欠かせません

マセマ 合格シリーズ(ほとんどの国公立大・有名私立大合格レベル)

スバラシクよくわかると評判の合格!数学1・A

スバラシクよくわかると評判の合格!数学2・B

スバラシクよくわかると評判の合格!数学3

 

「合格シリーズ」には、問題集もございます。

演習量を増やしたい場合や、苦手単元の集中強化などにオススメです↓

スバラシクよく解けると評判の合格!数学1・A実力UP!問題集

スバラシクよく解けると評判の合格!数学2・B 実力UP!問題集

スバラシクよく解けると評判の合格!数学3実力UP!問題集

 

 

さらに難関大向けとして、以下の2シリーズが文系・理系ごとにございます

  • 北大・東北大・阪大・九大・早大・慶大合格レベル

解説がスバラシク親切な頻出レベル文系・理系数学1・A,2・B―テーマ別解法で,難問がこんなにワカル!スラスラ解け

解説がスバラシク親切な頻出レベル理系数学1・A,2・B,3―テーマ別解法で,難問がこんなにワカル!スラスラ解け

 

 

  • 東大・京大・難医・東工大・一橋大合格レベル

解説がスバラシク親切なハイレベル文系・理系数学1・A,2・B―テーマ別解法で,難問がこんなにワカル!スラスラ解け

解説がスバラシク親切なハイレベル理系数学1・A,2・B,3―テーマ別解法で,難問がこんなにワカル!スラスラ解け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「網羅系」の参考書の内容を精選して、さらに精選した参考書

上の青チャートや標準問題精講シリーズを、さらに精選して、問題数を絞り、効率的に学び直せるシリーズもございます。

大学入試で、高校数学を一通りはシッカリ勉強したことがあるけど、

忘れてしまったなぁ

といった社会人の方などが、サクッと効率的に復習するのに最適なシリーズかと思います。

また、大学受験で重要なポイントとしては、

上で紹介した青チャートの解法にないものが多く収録されています。

なので、青チャートをやった後に、このシリーズをやることで、150くらい解法のストックを増やすことができます

デメリットとしては、薄い分、解説はあまり詳しくありませんので、初学者の方は、まず基礎を固めた後で使った方が良いかと思います。

薄くて有名だからといって、まったくのゼロから最初の1冊目に本書を使って独学するのはやめた方がよいかと思いますのでご注意ください。

雑誌のように1冊が薄く、青チャートに加えたさらなる解法について、

短時間で、サクッとやり通すことができる参考書兼問題集です。

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学II 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学B 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 曲線・複素数編 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の書籍を終えた方には、さらに以下の本で数学力を高めていくことが可能です。

新数学スタンダード演習 2018年 04 月号 雑誌: 大学への数学 増刊

数学3スタンダード演習 2018年 05 月号 雑誌: 大学への数学 増刊

新 数学演習 2018年 10 月号 雑誌: 大学への数学 増刊

最後の1冊は、より応用問題・難問が多くあり、解説も詳しくはありません。

数学に自信のある方や得点源にしたい方向けの本となっています。

 

 

 

 

その他に、分野別の内容をやって、苦手の克服や得点力のアップにオススメの本がございます。

ハイレベルな入試数学の問題の解き方の整理にどうぞ

テーマ別演習 入試数学の掌握

微積分/基礎の極意―大学への数学

数学を決める論証力―大学への数学

マスター・オブ・整数―大学への数学

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強に煮詰まった高校生や浪人生など、笑顔をくれる参考書

勉強を続けていると、

  • 息抜きしたいなぁ
  • 明日は休みたい
  • もう勉強なんてしたくない

など、やる気が下がってしまう日もあるかと思います。

そういった時は、何か息抜きをして休むのも1つですが、

受験生など時間がない方など、勉強しながら笑顔になれたらいいですよね

ここでは、閉塞感を笑い飛ばせて、わかりやすく勉強できるお得な参考書をご紹介します。

坂田アキラの ベクトルが面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

坂田アキラさんの数学シリーズは、どれもとてもわかりやすいです。

わかりやすいだけでなく、解説に様々な個性豊かなキャラクターが出てきます。

そのキャラクターたちが面白いので、難しい内容も楽しみながら学べてしまう、すごい参考書です。

上で示したように「ベクトル」「確率・統計」「微分・積分」などのように、単元ごとにまとめられていますので、

自分が苦手な単元だけ読んでみて、苦手意識がなくすといった使い方もおすすめです。

苦手意識を取り去ったら、他の網羅系の参考書などで演習を積むことで、得点力アップを加速してくれるかと思います。

改訂版 坂田アキラの 2次関数が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

改訂版 坂田アキラの 三角比・平面図形が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

坂田アキラの 場合の数・確率・データの分析が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

改訂版 坂田アキラの 数列が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

日本一わかりやすい 坂田アキラの 図形と方程式が面白いほどとける本 (坂田アキラの理系シリーズ)

坂田アキラの 指数・対数が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

坂田アキラの 三角関数が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

改訂版 坂田アキラの 数IIの微分積分が面白いほどわかる本 (数学が面白いほどわかるシリーズ)

坂田アキラの 数IIIの微分積分が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

坂田アキラの 複素数平面が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校3年間の数学を1冊にまとめた、独学でやり直したい方向けの本もございます

稲荷の独習数学 (単行本)

高校数学全体を、550ページにまとめてあるので、これを少ないと見るか、多いと見るかは、目的次第になるかと思います。

独習の1冊としては、問題のレベルは高めで、高校の教科書レベルは理解できていて、入試問題レベルを復習したい、といった方向けだと思います。

 

 

公式をサクッと復習したいあなたにはこちらもございます↓

難関大の入試問題では、

式の変形や図形の考え方や目のつけどころなど、

数学的なセンス」が必要な部分があります。

この受験数学における数学的センスというのは、

生まれ持ったものでなく、

公式の導出の考え方が基礎となっているものが多くあります。

公式集 (モノグラフ)

高校数学公式活用事典

定理・公式の例解事典: 高校数学体系

「数学」の公式・定理・決まりごとがまとめてわかる事典 (BERET SCIENCE)

 

 

 

 

 

 

 

 

計算力をつけたいあなたはこちら

計算力に自信がないあなたは、高校入試用に必須の計算テクニックをまとめた以下のものからどうぞ

基礎であるほど使う場面も多いので、役立つことを感じれる1冊です↓

 

同じシリーズの高校生向けの大学受験用の計算トレーニングにはこちらもどうぞ

大学入試・センター突破計算力トレーニング 上

計算力トレーニング 下―大学入試・センター突破

 

2次試験で数学IIIが必要なら、こちらのトレーニングもどうぞ

計算力トレーニング数3―大学入試突破

 

大学入試向けであれば、日常から以下の本を使って、定期テスト対策から模試対策を積んでいくことがオススメです。

合格る計算 数学I・A・II・B (シグマベスト)

合格る計算 数学III (シグマベスト)

合格る確率+場合の数

 

 

 

 

 

数学の勉強法については、こちらの本もございます

大人のための数学勉強法 ― どんな問題も解ける10のアプローチ

根っからの文系のためのシンプル数学発想術

大人のための中学数学勉強法

 

 

編入学を考えてるあなたへはこちら

改訂版 大学1・2年生のためのすぐわかる数学

大学1・2年生のためのすぐわかる物理

編入数学徹底研究: 頻出問題と過去問題の演習

編入数学過去問特訓: 入試問題による徹底演習

大学編入試験問題 数学/徹底演習(第3版)-微分積分/線形代数/応用数学/確率-

 

 

 

というわけで、本記事では、基礎をかためるものから、定期テスト対策、入試対策、難関大向けの難問を集めた本・参考書・問題集をご紹介しました。

 

 

 

こちらもございます↓

 

 

数学基礎論

 

数的処理の参考書のおすすめはこちら

 

基礎プログラミング学習

 

やさしいPython入門

 

数学物理学演習

 

わかりやすい統計学 第2版

 

図解 中学3年間の英語を10時間で復習する本

 

英語で作る料理の教科書

 

源氏物語のわかりやすい本

 

 

こちらの記事もございます↓

数学に関係する記事のまとめ(一覧)はこちらです

 

タイトルとURLをコピーしました