スポンサーリンク

【GIS ソフト】地理情報データの解析で使えるパッケージやツール、ソフトウェアやサービスの特徴と違いとは?比較しました【フリーソフトもどうぞ】

スポンサーリンク
GIS ソフト 地理空間情報 データ 比較 おすすめ GIS
GIS ソフト 地理空間情報 データ 比較 おすすめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • GIS(地理情報システム)を基礎から入門して学びたいんだけど、どうやって学べばいいの?
  • GISで使えるソフトって、などあるけど、どう違うの?
  • GISで使える「ソフト」ってどれがおすすめ?

など、地理情報データ解析用のソフトの比較に加えて、

GISと関係の深い空間統計や空間解析の教科書など、

GISによる解析を実践したいあなたのために、GISのソフトについて、ソフトの特徴などをまとめました。

【GIS ソフト】地理情報データの解析で使えるパッケージやツール、ソフトウェアやサービスの特徴と違いとは?比較しました【フリーソフトもどうぞ】

GIS (地理情報システム)と、そのソフトたち

GISとは、データを地図化するためのシステムです。

GISには、データの地図化だけでなく、位置情報を活かしたデータ解析ができるものもあります。

GISデータ解析では、位置情報の付属した地理空間情報データの解析を行います。

地理空間データは、

  • 通常のデータと形式が違ったり
  • 地図上に表示する

など特有の処理をするために、

  • 専用のソフトを使う

ことで、手軽に行うことが可能です。

GISには、無料のものから有料のものまで、様々なソフトが使えます。

  • MANDARA
  • カシミール3D
  • Quantum GIS(QGIS)
  • GRASS GIS
  • PostGIS
  • SAGE GIS
  • MapServer
  • 地図太郎
  • ArcGIS
  • ERDAS IMAGINE

といったものがございます。

以下では、これらについてまとめていきたいと思います。

 

 

1つ目【GIS 初学者のあなたも、エクセルを使う感覚でつまづかない GIS はこちら】

MANDARA

MANDARA(マンダラ)は、無料(フリー)のGISです。

Windowsで動作し、エクセルを操作するかのような使い方ができるのが特徴です。

他の専門的なGISだと、特有の用語に戸惑った経験がある方も、

Excelを使ったことがある方なら、

サクサク進めていけるのが MANDARA です。

地図データについては、基本地図データが

  • 市町村レベル
  • 都道府県レベル
  • 国レベル(世界地図)

など標準で備わっています。

他にも、点データやメッシュデータなど、様々なスケールで描画することができます。

背景についても外部データ(例えば、国土地理院の地理院地図など)を使うことができます。

地図は、等高線図など様々な表現方法ができます。

  • 属性値などのデータの集計をして地図に表示
  • 長さや面積を求める
  • データ項目間の関係を調べるクロス集計

などの統計解析・分析機能も備わっています。

GISの初学者の方も、

  • 専門用語などにつまづかず
  • エクセルを扱う感覚で使え、
  • 地図作成やデータ解析など一通り無料でできる

ソフトとなっています。

  • GIS初学者の方
  • とりあえずGISを無料で触ってみたい
  • サクッとオリジナル地図を作りたい

といったあなたにおすすめの GIS ソフトとなっています。

ダウンロードや機能や操作、地図作製方法、地図ギャラリーなどは、

開発者の谷謙二様のページにございます → こちら

 

谷さまによる MANDARA 公式テキストもございます。

入門版は、GISの独学実習、社内講習などにおすすめで、

パーフェクトマスター版は、ほぼすべての機能を網羅して、特に地図データの編集について詳細に解説されています。

ホームページの情報から一歩進んだ内容を学びたい方におすすめです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

カシミール3D

カシミール3Dは、主に山岳の情報に特化した 無料の GIS です。

3Dは、3次元(3 Dimension)のことで、

地図に標高データを加えて3D化することができます。

様々な地図を使え、それらを3D化することができます。

3D化した地図であれば、山や街並み、風景などの展望図を描くことができます。

GPSによる位置情報の活用

GPS(グローバル・ポジショニング・システム)は、衛星を使った位置を割り出すシステムです。

特徴の1つは、カシミール3Dでは、GPS情報を取り込んで編集でき、それらを分析して可視化することができます。

例えば、飛行機やドローン、パラグライダーなどの位置情報をそれらの軌跡として鮮やかに示すことが可能です。

また、データ出力形式を対応させる(KML)ことで、Google マップや GoogleEarth と連携させることが可能です。

自分が編集したデータをGoogleEarth に表示されることもできます。

景色の様子を前もって調べれる

もう1つの特徴は、光線の状態を再現することができる点です。

日時を指定することで、

  • 太陽や月の位置を計算
  • その風景に陽が出ているのか、影になるのかなど、地形を加味して計算

することができます。

ドローンなどの空撮をする際に、前もって景色の状態を調べておくことで、無駄な撮影を減らすことができます。

カシミール3Dは、

  • 地図情報を編集・3D化

できるだけでなく、

登山やランニング、自転車、旅行など、

  • GPSログを活用したい!

写真や動画などの撮影が趣味や仕事で、

  • より良い景色を失敗せずに撮影したい

といったあなたにもおすすめのフリーソフトです。

PCだけでなく、スマホでも使えるのもうれしいところです。

詳しくは、開発者のDAN杉本様のページにございます。

→ こちら

ソフトと地図と解説がついた解説本もございます↓

 

 

 

 

 

 

 

 

Quantum GIS(QGIS)

QGIS は、フリーオープンソースの GIS です。

Windows / Linux / Mac OSX / Android で動作します。

無料の GIS ではありながら、有料の GIS ソフトに肉薄する機能を持っています。

別途プラグインをインストールすることで、新しい機能を手軽に追加することもできます。

オープンソースなので、欲しい機能をプラグインとしてPython などで自分で開発して組み込むことも可能です。

QGISは多くのユーザーや開発者のコミュニティがあり、

エラーなど困った場合には、

  • メーリングリスト
  • StackExchange に「qgis」タグをつけて質問
  • チャット

するなどして、他の多くのユーザーや開発者と解決することができます商用サポートもあります。

QGIS が初めての方も、トレーニング教材ユーザーマニュアルが整備させており、独学で始める方の手助けになります。

詳しくは、QGIS の公式ページにございます。

→ こちら

ただ、オープンソースのプロジェクトで、

  • 初学者の方からすると最初に出てくる情報が膨大
  • 資料に英語が多い

といったハードルがあるのではないでしょうか。

初学者にとっては、専門用語や慣れない操作・ファイル形式などが多くあり、最初は戸惑う方も多いかと思います。

そういう場合には、ある程度ゴールが決まった具体例について、

同じことを手を動かしながら再現して覚えていくのが効率的です。

そういった場合におすすめな本として、例えば以下のものがございます↓

 

 

 

 

 

 

GRASS GIS

GRASS GIS は、フリー(無料)オープンソースの GIS です。

GRASSは、地理情報分析支援システム(Geographic Resources Analysis Support System)の頭文字となっています。

Windows / Linux / Mac OSX に対応しています。

元々は、米国陸軍工事工学研究所(U.S. Army Construction Engineering Research Laboratories )で開発がはじめり、

軍用途として開発が進んだ後、様々な研究分野に活用されるようになりました。

GRASSの機能としては、

  • 地理空間データの管理や分析
  • 地図生成
  • 空間モデリング
  • ラスターデータ分析
  • ベクターデータ分析
  • 点データ分析
  • 画像処理、グラフィックス
  • ジオコーディング
  • Rを使った地理統計

といったことが350以上のモジュール群や、100以上の拡張機能(アドオン)で可能となっています。

マウスでポチポチと直感的に操作できるので、

初学者の方や、コマンドライン操作に苦手意識がある方にも、使いやすいソフトとなっています。

ちなみに、上で紹介した QGIS の最新版では、GRASS のGUI 環境が採用されています。

使ってみたい方向けには、ホームページで

  • インストール方法
  • 初日用ドキュメント
  • チュートリアル

などが公開されています。

GRASS ホームページはこちら

しかし、専門用語や慣れない操作・ファイル形式などが英語で書かれているので、

初学者にとっては、ハードルが高い場合があるかもしれません。

日本語で使い方を身につけるなら、例えば以下のものもございます↓

原著もございます↓

 

 

 

 

 

 

 

 

PostGIS

PostGIS は、PostgreSQL(関係データベースソフト)が、

地理情報空間データを扱えるように拡張されたソフトウェアです。オープンソースです。

Windows / Mac OS / Linux に対応しています。

  • 地理データの型
  • 地理空間情報の演算
  • PostgreSQL の検索ツリーを活用した高速検索
  • メモリやディスクの使用量も抑え、軽量に扱える

など、GISでありながら、データベース管理システムの長所を活かせるソフトとなっています。

PostGIS は、他の GIS の中で、データベースとして使うことができます。

例えば、上で紹介した QGIS や GRASS GIS などでもバックエンドとして使えます。

なので、あなたがお使いの GIS で、

  • 動作が遅かったり、重いなぁ〜

という場合があったら、PostGIS を使用を考えてみるのも選択肢の1つかと思います。

例えば、QGIS と PostGIS の連携と、そのGISシステムを使った空間データ分析例などはこちらにございます↓

本書は、地域研究のための GIS の活用が、基礎から

  • データ収集
  • 地理歴史
  • 商業・観光
  • まちづくり・安全安心
  • 越境地域連携

などの応用事例について解説されています。

QGIS の画面キャプチャとともに、丁寧に説明されているので、初めてやる方も迷子にならずに実行できます。

GIS を使った空間データ分析を手を動かしながら学べる1冊となっています。

こちらもございます↓

 

 

 

 

 

 

 

SAGE GIS

SAGE GIS は、地球科学で使われる分析を、ラクに実行できるオープンソースのフリーソフトです。

SAGE は、地球科学の自動分析システム(System for Automated Geoscientific Analyses) のことです。

Windows / Linux に対応しています。

(Mac OS は、ソースからコンパイルすることができるようです)

1番簡単なのは、Windows版のexeファイルをダウンロードして解凍して使えばオッケーです。

SAGEは元々ドイツのゲッティンゲン大学で開発が始まり、

現在大部分は、ドイツのハンブルグ大学の J. Bohner と O. Conrad らのグループによって開発されています。

SAGE GIS 開発の目的は、科学者たちが地球科学データの解析をラクに実行できるソフトを作ることでした。

SAGE には操作性の優れた GUI が備わっています。

GUI でデータ解析や可視化を、マウスをぽちぽちしながら実行することができます。

ヒストグラムや散布図の作成はもとより、

地図や3Dビューの作成などもGUI から実行可能です。

もちろんコマンドラインからも実行可能で、

Python、Java、Rなどからコマンドラインスクリプト処理が可能です。

その他、詳細は、SAGE GIS のページにございます

→ こちら

また、SAGE GIS は単独で使うこともできますが、

QGIS や 統計解析ソフト R と連携して使うこともできます。

Rによる地理空間データ解析はこちらもございます↓

詳しくはこちらの記事にございます↓

「地理空間情報」とは?地理空間情報データの可視化、統計モデル作成など、「R」の使い方とともに、基礎から手を動かしながら学びたいあなたにおすすめの本はこちらです

 

 

 

 

 

MapServer

MapServer は、空間情報を提供するサイトのマップエンジン・ジオグラフィックデータレンダリングエンジンです。

フリーのオープンソースで、

Windows / Mac OS / Linux などに対応しています。

Python や PHP, RubyやPerl, Java, .NET などを使った開発が可能となっています。

地理空間データを表示するサイトやアプリを作成したい場合などに役立ちます。

 

 

 

 

 

 

ここからは、有料版のGIS をご紹介します

地図太郎

地図太郎は、GIS 初学者の方が、 GIS 機能を

  • 手軽に
  • つまづかず
  • サクサクと進めれる

ように工夫された、GIS ソフトです。

Windows 7 / 8 / 10 に対応しています(Mac 版は無いようです)。

GIS利用のハードルを下げているのが特徴で、

例えば、エクセルで作ったデータと地図を組み合わせることなど可能で、

オリジナルの地図作製がやりやすくなっています。

その他にも多くの機能があり、ビジネスや教育など、GISを実用的に活用することができます。

地図太郎は、他の有料版のGISと比べ、お求めやすい価格帯となっています。

また、より割安なアカデミックパッッケージもあります。

価格・使い方・機能・活用事例など、

詳しくは、販売元の東京カートグラフィック社さんのページにございます → こちら

 

あなたがもし GIS のまったくの初学者の方なら、

  • 必要知識を学べる
  • 地図太郎を使いながら学べる
  • 多くの事例があるので自分のやりたいことの参考にしやすい

以下の地図太郎の解説本もおすすめです↓

 

 

 

 

 

ArcGIS

ArcGIS は、地図を活用するための GIS システムです。

ArcGIS は業界標準となっており、多くの企業や大学などで活用されています。

ArcGIS は、デスクトップ、モバイル、Webアプリ、クラウドなど、様々なプラットフォームで使うことができます。

GIS としての機能も豊富で、データの取得から検索・解析・共有など、

地理空間情報の活用をスムーズにサポートしてくれます。

販売元の ESRI 社のホームページには、

  • GISについての基礎知識
  • 事例・業種別の利用例
  • 様々なタイプの製品一覧
  • トレーニングの案内

など、ArcGIS を使ってみたい初学者の方に役立つコンテンツが公開されています。

  • GIS がどんなものか理解でき、
  • 自分の業務にどんな活用ができそうかアイデアが浮かび、
  • 自分の業務に適したソフトウェアのタイプ・形態
  • 短期間で習得できるトレーニング

といった情報を把握することができます。

販売元のESRI ジャパンのサイトはこちら

有料のため個人で使うにはハードルがあるかもしれませんが、

通っている大学やお勤めの会社がライセンス持っているなら、試してみるいい機会かと思います。

トレー二ングは、短期間でサクッと学べる反面、料金もかかります。

割安で独学しながら身につけるなら、以下の書籍なども参考になります↓

 

 

 

 

その他にも、リモートセンシング用のGISとしてこちらもございます↓

ERDAS IMAGINE

 

 

 

 

というわけで、本記事では、

地理情報データ解析用のソフトの比較に加えて、

GISと関係の深い空間統計や空間解析の教科書など、

GISによる解析を実践したいあなたのために、

GISのソフトについて、ソフトの特徴などをまとめました。

 

 

 

 

こちらもございます↓

 

 

 

 

こちらの記事もございます↓

「空間統計」とは?空間データとは?Rによる空間統計解析・モデル、空間統計学の応用例など、空間統計を学びたいあなたにおすすめの本(教科書・参考書)もこちらです

 

【GIS】地理情報システム (GIS) のデータ分析とは?位置情報データを活用したいあなたにおすすめの本はこちらです【岩波データサイエンス Vol.4】

 

時系列分析をサクッと学べるおすすめの良書、9冊はこちらです

 

画像処理アルゴリズムを学びたいあなたにおすすめの書籍はこちらです