【GIS ソフト】地理情報データの解析で使えるパッケージやツール、ソフトウェアやサービスの特徴と違いとは?比較しました【フリーソフトもどうぞ】

  • GIS(地理情報システム)を基礎から入門して学びたいんだけど、どうやって学べばいいの?
  • GISで使えるソフトって、などあるけど、どう違うの?
  • GISで使える「ソフト」ってどれがおすすめ?

など、地理情報データ解析用のソフトの比較に加えて、

GISと関係の深い空間統計や空間解析の教科書など、

GISによる解析を実践したいあなたのために、GISのソフトについて、ソフトの特徴などをまとめました。

 

 

【GIS ソフト】地理情報データの解析で使えるパッケージやツール、ソフトウェアやサービスの特徴と違いとは?比較しました【フリーソフトもどうぞ】

GIS (地理情報システム)と、そのソフトたち

GISとは、データを地図化するためのシステムです。

GISには、データの地図化だけでなく、位置情報を活かしたデータ解析ができるものもあります。

GISデータ解析では、位置情報の付属した地理空間情報データの解析を行います。

地理空間データは、

  • 通常のデータと形式が違ったり
  • 地図上に表示する

など特有の処理をするために、

  • 専用のソフトを使う

ことで、手軽に行うことが可能です。

GISには、無料のものから有料のものまで、様々なソフトが使えます。

以下では、これらについてまとめていきたいと思います。

 

 

1つ目【GIS 初学者のあなたも、エクセルを使う感覚でつまづかない GIS はこちら】

MANDARA

MANDARA(マンダラ)は、無料(フリー)のGISです。

Windowsで動作し、エクセルを操作するかのような使い方ができるのが特徴です。

他の専門的なGISだと、特有の用語に戸惑った経験がある方も、

Excelを使ったことがある方なら、

サクサク進めていけるのが MANDARA です。

地図データについては、基本地図データが

  • 市町村レベル
  • 都道府県レベル
  • 国レベル(世界地図)

など標準で備わっています。

他にも、点データやメッシュデータなど、様々なスケールで描画することができます。

背景についても外部データ(例えば、国土地理院の地理院地図など)を使うことができます。

地図は、等高線図など様々な表現方法ができます。

  • 属性値などのデータの集計をして地図に表示
  • 長さや面積を求める
  • データ項目間の関係を調べるクロス集計

などの統計解析・分析機能も備わっています。

GISの初学者の方も、

  • 専門用語などにつまづかず
  • エクセルを扱う感覚で使え、
  • 地図作成やデータ解析など一通り無料でできる

ソフトとなっています。

  • GIS初学者の方
  • とりあえずGISを無料で触ってみたい
  • サクッとオリジナル地図を作りたい

といったあなたにおすすめの GIS ソフトとなっています。

ダウンロードや機能や操作、地図作製方法、地図ギャラリーなどは、

開発者の谷謙二様のページにございます → こちら

 

谷さまによる MANDARA 公式テキストもございます。

入門版は、GISの独学実習、社内講習などにおすすめで、

パーフェクトマスター版は、ほぼすべての機能を網羅して、特に地図データの編集について詳細に解説されています。

ホームページの情報から一歩進んだ内容を学びたい方におすすめです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

カシミール3D

カシミール3Dは、主に山岳の情報に特化した 無料の GIS です。

3Dは、3次元(3 Dimension)のことで、

地図に標高データを加えて3D化することができます。

様々な地図を使え、それらを3D化することができます。

3D化した地図であれば、山や街並み、風景などの展望図を描くことができます。

GPSによる位置情報の活用

GPS(グローバル・ポジショニング・システム)は、衛星を使った位置を割り出すシステムです。

特徴の1つは、カシミール3Dでは、GPS情報を取り込んで編集でき、それらを分析して可視化することができます。

例えば、飛行機やドローン、パラグライダーなどの位置情報をそれらの軌跡として鮮やかに示すことが可能です。

また、データ出力形式を対応させる(KML)ことで、Google マップや GoogleEarth と連携させることが可能です。

自分が編集したデータをGoogleEarth に表示されることもできます。

景色の様子を前もって調べれる

もう1つの特徴は、光線の状態を再現することができる点です。

日時を指定することで、

  • 太陽や月の位置を計算
  • その風景に陽が出ているのか、影になるのかなど、地形を加味して計算

することができます。

ドローンなどの空撮をする際に、前もって景色の状態を調べておくことで、無駄な撮影を減らすことができます。

カシミール3Dは、

  • 地図情報を編集・3D化

できるだけでなく、

登山やランニング、自転車、旅行など、

  • GPSログを活用したい!

写真や動画などの撮影が趣味や仕事で、

  • より良い景色を失敗せずに撮影したい

といったあなたにもおすすめのフリーソフトです。

PCだけでなく、スマホでも使えるのもうれしいところです。

詳しくは、開発者のDAN杉本様のページにございます。

→ こちら

ソフトと地図と解説がついた解説本もございます↓

 

 

 

 

 

 

地図太郎

地図太郎は、GIS 初学者の方が、 GIS 機能を

  • 手軽に
  • つまづかずに
  • サクサクと進めれる

ように工夫された、GIS ソフトです。

Windows 7 / 8 / 10 に対応しています(Mac 版は無いようです)。

GIS利用のハードルを下げているのが特徴で、

例えば、エクセルで作ったデータと地図を組み合わせることなど可能で、

オリジナルの地図作製がやりやすくなっています。

その他にも多くの機能があり、ビジネスや教育など、GISを実用的に活用することができます。

地図太郎は、他の有料版のGISと比べ、お求めやすい価格帯となっています。

また、より割安なアカデミックパッッケージもあります。

価格・使い方・機能・活用事例など、

詳しくは、販売元の東京カートグラフィック社さんのページにございます → こちら

 

あなたがもし GIS のまったくの初学者の方なら、

  • GISについて、一般的な必要知識を学べる
  • 地図太郎を使いながら学べる
  • 多くの事例があるので、自分のやりたいことの参考にしやすい

といった特徴がありおすすめです。

以下の地図太郎の解説本もございます↓

 


 

この他にも、地理情報データを分析・視覚化したりできるソフトがございます。

  • より詳細な分析をしたい
  • より綺麗な地図を作成したい
  • プログラミングと併せて使用したい

といった、さらに玄人好みのあなたに役立つソフトをご紹介しています。

 

この先は会員限定になります。

会員の方はログインをお願いいたします。

登録がまだの方は、会員登録をお願いします。

>>> 会員登録はこちら

 

↓こちら無料で読めます

 

 

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について