非線形

おすすめ

「多変量解析」を独学したいあなたにチェックしてほしい良書、12冊はこちらです

「多変量解析」は、複雑な現実世界のデータから、わたしたちにとって分かりやすい情報を抽出するための分析手法です。多変量解析は、学術分野だけでなく、ビジネスの世界でも役に立ちます。売上予測や在庫管理に役立ちますし、有望な投資先を絞り込むといったことにも役立てることができます。多変量解析を学びたいあなたのための、わかりやすいおすすめ本、12冊はこちらです
おすすめ

「深層学習(ディープラーニング)」など機械学習の応用にも役立つ「計算論的神経科学」をサクッと学びたいあなた、こちらはいかがでしょうか【ニューロダイナミクス】

「ニューロダイナミクス」は、脳神経のニューロンネットワークのダイナミクスについての学問です。近年盛り上がっている深層学習(ディープラーニング)も、ニューロダイナミクスの一部として捉えることが可能です。認知科学、ロボティクス、生命科学など神経科学に関係する分野のあなたがシッカリと学べるだけでなく、数学や機械学習分野から深層学習を学んだあなたもニューラルネットワークについて幅広く学べる良書はこちらです
おすすめ

「カーネル法」とは?「サポートベクターマシン」などの基礎となるカーネル法に入門したいあなたは、こちらはいかがでしょうか【カーネル多変量解析】

データ分析の手法というと重回帰分析までマスターしたよ、って方も多いのではないでしょうか。重回帰分析はとても有効な方法なのですが、複雑なデータを扱う時には万能なわけではありません。重回帰分析で限界を感じたあなたは「カーネル法」を試してみてはいかがでしょうか。 「カーネル法」とは?という方から、カーネル法の特徴や応用分野などを、サクッと理解したいあなたはこちらをどうぞ
おすすめ

「株価」の変動を理解したいあなた、「経済物理学」はいかがでしょうか【株価の経済物理学】

「経済物理学」とは、「株価」の値動きなど市場の動きを物理的に理解しようという学問です。わたしたちひとり一人のミクロな情報と、市場価格などのマクロな値を結びつけるためには、「統計物理学」が使われます。市場の「数学モデル」や経済データの「実証分析」を合わせてみることで、市場の動きの因果関係などを推測することが可能になりつつあります。経済物理学を学んでみたいあなた、投資をうまくいかせる方法を探しているあなた、経済物理学をサクッと概観してみたいあなた、こちらはいかがでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました